今、わたしは念願の○○スクールに洗浄員として着ている。ここには美少女のJKがどんどん買えると巷では有名な高校生です。
おそらく親父キモオタオヤジですわたしが仮に潜入したところで、JKに御近づきになることなんて普通の技じゃ考えられない。だから、わたしは残る内内用具を用意したんだ。ぐへへ、これさえあれば……。
で、職場お日様初日、わたしはぱっぱとスクールの裏庭で美少女を掘り起こし。読者モデルとしても近頃注目を集めている、「持田あずさ」です。
どうも同級生の父親学徒に告白されている匂い。ふーん。やっぱり人気あるんだな。
だが父親がラブレターを渡して去ったその後、ひっそり覗いていらっしゃる面を見つかって仕舞う。
「ちょい、親父。覗き見?嗜好わるーい、最低」
「え、いや……」
たじろぐわたし。ダイレクト話し掛ける考えなんてなかったし、肩透かしです。
だが主人はラブレターをビリビリに突き破り捨てて、わたしに掃除しておいてとワンポイント言って去って言う。
よっしゃ、此奴に決まりです。
わたしは主人をスマホで撮影する。持田あずさは突然体内が鋭敏になり、衣装がこすれるだけで見受けるようになる……と指示する。すると主人は体内が温かくなり、捉え始めて!?
山形県 闇金解決